おすすめ教材|ITパスポート試験対策

おすすめのテキスト・問題集

教材選びのポイントは、「わかりやすいかどうか」です。
ITパスポート試験は、広範なITの基礎知識が問われますので、図説が多く、専門の用語などを分かりやすく解説している教材が良いでしょう。

 

書店で実際に手に取ってみて、ご自分が分かりやすいと感じる教材をお選びください。

 

ITパスポートの試験は、実施されてからまだ歴史が浅いこともあり、問題の傾向も他の国家資格に比べてはっきりしていません。
独学で合格を目指す場合は、効率よい学習を目指すより、分かりやすいと感じ、説明がたくさんある教材で、しっかりと解説を読みながら、学習される方がよいでしょう。
たとえ試験に出題されなかったとしても、学んだことは必ずどこかで活かせます。

 

ネット書店のレビューや口コミで人気なのは、

  • 『ITパスポート試験対策テキスト』(富士通エフ・オー・エム)
  • 『ITパスポート合格教本』(技術評論社)

などです。

 

『ITパスポート試験対策テキスト』

大手コンピュータメーカーの関連教育会社が作しており、実戦的な内容です。
この一冊に、試験範囲である共通キャリア・スキルフレームワークのすべての出題カテゴリが網羅されています。
情報処理推進機構(IPA)のシラバスにて公開されている、参考問題や、試験範囲、難易度等と照らし合わせ、幅広い範囲の基礎知識を問うというITパスポート試験の特徴にあっています。

 

添付CD-ROMに6回分の過去問題が収録され、ランダムに100 問(試験1 回分)が出題されるランダム試験、問題の分野・区分などを指定できるカスタマイズ試験など、過去問題プログラムで効果的に学習できるようになっています。
CBT試験が体験できるプログラムつき。

 

一冊で効率よく試験対策できると思います。
ITパスポート試験対策テキスト CBT試験対応 (よくわかるマスター)
ITパスポート試験対策テキスト CBT試験対応 (よくわかるマスター)

 

 

 

 

 

ITパスポート試験対策テキスト CBT試験対応 平成24ー25 (よくわかるマスター)

新品価格
¥2,310から
(2013/4/11 13:00時点)

 

『ITパスポート合格教本』(技術評論社)

親しみやすいイラストと軽妙な語り口で、授業を受けているかのように学習できるテキストです。
チェック問題、確認問題などがあり、覚えたことをその都度、記憶を強化しながら学習を進めることができます。
「得点のツボ」、「用語出る順ランキング」など、役立つ情報も満載です。

 

附属のCD-ROMを利用して、過去問演習もできるようになっています。
弱点が把握でき、獲得した点数が記録されるのもうれしいですね♪
(解答の解説がないのが残念ですが)

平成25年度 ITパスポート合格教本 CBT対応 (情報処理技術者試験)

新品価格
¥1,659から
(2013/4/11 13:03時点)

 

管理人が個人的に好きなのは

『かんたん合格 ITパスポート教科書』(インプレスジャパン)

IT初心者の方が、ITパスポート試験の概要をつかむのに最適です。

専門用語を多用せず、分かりやすい言葉で、解説してあります。
シンプルなイラスト、図表で、すっきりと見やすい構成になっています。

 

ただし、用語や概念を把握するにはとても良いのですが、練習問題は少ないです。
これ一冊で試験対策はできません。
別途、問題集が必要です。

 

かんたん合格 ITパスポート 教科書 平成25年度 CBT対応 (Tettei Kouryaku JOHO SHORI)

新品価格
¥1,659から
(2013/4/11 13:05時点)

効率の良い学習で、ITパスポート試験を合格したい方へ

資格の学校TAC

基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意!
受験者のレベルに合わせた複数のコースがあり、模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えているのが特徴です。

インターネットフォローシステム「i-support」が利用可能。
i-supportは、Web通信講座専用のサポート機能です。

講師室直通の質問電話質問専用メールも設置しています。
教材に関する質問はもちろん、勉強方法など学習上の相談もOK!

さらに、教室講座のある学校ならではの特典も!
  1. 受講期間中、講義を実施していない教室を自習室として無料開放しています。
  2. 予約不要なので、気軽に立ち寄れます♪

  3. スクーリング制度もあります。
  4. 通信講座受講生も、教室講座の講義に出席することができます。
    刺激の多い教室講義に出席することで、合格への意欲を高めることができますね。

情報処理技術者試験は、4つのレベルで構成されています。
レベル1のITパスポート試験とレベル2の基本情報処理は、問題の難易度は違いますが、出題内容はほぼ同じ。
1つの試験にとどまらず、さらなる挑戦をする方のために、お得な割引制度があります。

情報処理の資格をとってスキルUP。仕事幅も広がる!資格の学校TAC

資格の学校TACの<<資料請求はこちら>>