他の資格試験との比較|ITパスポート試験対策

ITパスポート試験とマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)との比較

MOS (Microsoft Office Specialist :マイクロソフト オフィス スペシャリスト)試験は、Word、Excel、PowerPoint、Access など、Microsoft Officeに含まれる各アプリケーションの利用スキルを証明する、Microsoft認定の世界共通の資格です。

 

ビジネスでOfficeやWindowsを活用する方向けの認定資格シリーズMicrosoft Business Certificationシリーズのひとつとして位置づけられています。

 

オフィスワーカーを対象に、国内外を問わず幅広く使われているWord、Excel、PowerPoint、Accessの各ビジネスアプリケーションほか、OutlookやWindows Vistaのオぺーレーションシステム(OS)機能や知識を問う全6つの資格(試験科目)があります。
資格は、1科目ごとに認定されます。

 

一方、ITパスポート試験は、コンピュータ系の試験ではありません。

 

誤解されやすいところですが、
「ITパスポート試験(エントリレベル1)」とは、
職業人として共通に備えておくべき、経営全般・IT管理・IT技術の基礎的な知識を測る試験です。

 

ITパスポート試験よりも上位の情報処理技術者試験である、
「基本情報技術者試験(エントリレベル2)」「応用情報技術者試験(エントリレベル3)」でも、
経営全般など、コンピュータ周辺領域から離れてしまう分野にまつわる出題が必ずあります。

 

MOS(Microsoft Office Specialist)のような、特定のアプリケーションソフトウェアに限定される民間資格とは性質が異なります。

 

ITパスポート試験に合格したからといって、 「MOS」の試験前に数時間勉強すれば「MOS」にも合格するというものではありません。

効率の良い学習で、ITパスポート試験を合格したい方へ

資格の学校TAC

基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意!
受験者のレベルに合わせた複数のコースがあり、模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えているのが特徴です。

インターネットフォローシステム「i-support」が利用可能。
i-supportは、Web通信講座専用のサポート機能です。

講師室直通の質問電話質問専用メールも設置しています。
教材に関する質問はもちろん、勉強方法など学習上の相談もOK!

さらに、教室講座のある学校ならではの特典も!
  1. 受講期間中、講義を実施していない教室を自習室として無料開放しています。
  2. 予約不要なので、気軽に立ち寄れます♪

  3. スクーリング制度もあります。
  4. 通信講座受講生も、教室講座の講義に出席することができます。
    刺激の多い教室講義に出席することで、合格への意欲を高めることができますね。

情報処理技術者試験は、4つのレベルで構成されています。
レベル1のITパスポート試験とレベル2の基本情報処理は、問題の難易度は違いますが、出題内容はほぼ同じ。
1つの試験にとどまらず、さらなる挑戦をする方のために、お得な割引制度があります。

情報処理の資格をとってスキルUP。仕事幅も広がる!資格の学校TAC

資格の学校TACの<<資料請求はこちら>>