Q&A|ITパスポート試験対策

CBT試験は自宅で受験可能ですか?

自宅受験はできません。

 

ITパスポート試験では、平成23年度より、国家試験として始めてのCBT方式が導入されました。
CBTとは、Computer Based Testingの略で、パソコン上で試験問題を表示し、解答する試験実施方式のことです。
技術的には、パソコンとネットワーク環境があれば、自宅で受験することも可能ですが、自宅では公正さが判断できません。

 

ITパスポート試は国家試験であり、試験の信頼性や公平性を確保した上で実施する必要があるので、試験会場に行き、CBTシステムを利用して受験することとなります。

 

なお、情報処理推進機構(IPA)のサイトで、「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」が公開されています。
「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」の公開について

 

CBT方式は、従来のマークシートによる解答方法の試験とは実施方法が大きく変わるため、受験の前に受験画面や操作方法を体験・確認できるようにすることを目的として公開されました。
ITパスポート試験の受験前に、活用されることをお勧めします。

効率の良い学習で、ITパスポート試験を合格したい方へ

口コミで人気!ITパスポート通信講座ならフォーサイト

『通信教育の専門校』として人気のフォーサイト。

すでに受講生数数は5万人を突破。
合格率もトップクラスの実績を誇っています。

テキストはフルカラー。

勉強の範囲を、試験対策の重要事項のみに集約して掲載。
これまでの半分以下のボリュームで、効率的に合格を目指すことができます。

フォーサイトのDVD講義に対するこだわりはダントツ!

通信教育の専門学校として、様々な研究を重ね、高い合格率を実現するDVD講義を実現しています。

受講料は、9800円(CDコース)から。

まずは、サンプル教材を手にとって、ITパスポートの世界を体験してみましょう。

フォーサイトの資料請求はこちら