他の資格試験との比較|ITパスポート試験対策

ITパスポート試験と全商情報処理検定との比較

全商情報処理検定は、財団法人全国商業高等学校協会が主催する検定試験です。
全商(情報処理検定など)は、高校生を対象に実施されています。

 

一方、ITパスポート試験は、学生や社会人の幅広い年代を対象としています。

 

全商協会のホームページには、

この検定は一般財団法人日本情報処理開発協会 ITパスポート・基本情報技術者試験の登竜門として位置付けられており、高度な資格取得への足がかりとしての地位を固めつつあります。

 

とあります。
高校生であれば、全商情報処理検定は高く評価され、進学や就職に有利になりますが、
あくまでも高校の検定試験ですので、一旦社会に出てしまうとあまり評価されません。

効率の良い学習で、ITパスポート試験を合格したい方へ

口コミで人気!ITパスポート通信講座ならフォーサイト

『通信教育の専門校』として人気のフォーサイト。

すでに受講生数数は5万人を突破。
合格率もトップクラスの実績を誇っています。

テキストはフルカラー。

勉強の範囲を、試験対策の重要事項のみに集約して掲載。
これまでの半分以下のボリュームで、効率的に合格を目指すことができます。

フォーサイトのDVD講義に対するこだわりはダントツ!

通信教育の専門学校として、様々な研究を重ね、高い合格率を実現するDVD講義を実現しています。

受講料は、9800円(CDコース)から。

まずは、サンプル教材を手にとって、ITパスポートの世界を体験してみましょう。

フォーサイトの資料請求はこちら