他の資格試験との比較|ITパスポート試験対策

ITパスポート試験と日商PC検定との比較

日商PC検定試験は、、日本商工会議所及び各地商工会議所が実施する検定試験(商工会議所検定試験)です。
企業実務で必要とされる、パソコンによる文書作成や表計算などのアプリケーションソフトの活用能力およびネットワーク環境下におけるITの活用などの基礎的な能力を認定する資格です。
平成18(2006)年4月から、実施されています。

 

前身となる「日本語文書処理技能検定(ワープロ検定)試験」と「ビジネスコンピューティング(ビジコン)検定試験」を進化・統合したもので
「文書作成(ビジネス文書の作成、取り扱い)」と「データ活用(業務データの活用、取り扱い)」の2つの分野があります。

 

一方、ITパスポート試験は、情報処理技術者試験の「入り口」の試験であり、職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識を持ち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者を対象としています。
特定のパソコンやアプリケーションに特化したものではありません。

 

コンピュータのハードウェア、ソフトウェアの基礎知識や、情報セキュリティの知識など、共通する部分もありますが、ITパスポート試験は情報処理全般、PC検定試験はずばりパソコン操作に特化したものといえましょう。

効率の良い学習で、ITパスポート試験を合格したい方へ

資格の学校TAC

基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意!
受験者のレベルに合わせた複数のコースがあり、模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えているのが特徴です。

インターネットフォローシステム「i-support」が利用可能。
i-supportは、Web通信講座専用のサポート機能です。

講師室直通の質問電話質問専用メールも設置しています。
教材に関する質問はもちろん、勉強方法など学習上の相談もOK!

さらに、教室講座のある学校ならではの特典も!
  1. 受講期間中、講義を実施していない教室を自習室として無料開放しています。
  2. 予約不要なので、気軽に立ち寄れます♪

  3. スクーリング制度もあります。
  4. 通信講座受講生も、教室講座の講義に出席することができます。
    刺激の多い教室講義に出席することで、合格への意欲を高めることができますね。

情報処理技術者試験は、4つのレベルで構成されています。
レベル1のITパスポート試験とレベル2の基本情報処理は、問題の難易度は違いますが、出題内容はほぼ同じ。
1つの試験にとどまらず、さらなる挑戦をする方のために、お得な割引制度があります。

情報処理の資格をとってスキルUP。仕事幅も広がる!資格の学校TAC

資格の学校TACの<<資料請求はこちら>>