ITパスポート試験なら

ITパスポート試験の出題傾向

ITパスポート試験の出題傾向

ITパスポートは様々な分野から出題されます。
大きく分けると、「ストラテジ系(経営全般)」 「マネジメント系(IT管理)」 「テクノロジ系(IT技術)」 の3分野です。

 

実際に出題された問題を確認すると、ストラテジ系を中心に新出題(用語・論点)が多くなっています。

 

従来、情報処理技術者試験は、過去に出題されたものと同じ問題や、数字や選択肢を変えただけの類題が多数出題されるという特徴がありました。
攻略法として、過去問題を重点的に行うことが有効とされていました。

 

ですが、新出題の増加により、過去問題だけでは対応できなくなってきました。

 

新出題が多くなった理由のひとつは、ITパスポート試験が午前試験のみであり、過去問が多数を占めると試験の難易度が低くなりすぎるということでしょう。

 

旧制度の初級シスアドの午前は過去問題が多く、突破は容易でしたが、午後試験は難関でしっかりとした知識がない人は合格することができませんでした。
一方、ITパスポート試験は午前試験だけで合否を判定しなければならないので、受験者の知識及び応用力を計れるような試験問題が求められます。

 

新出題が多いのはITパスポート試験の特徴であり、今後も続くと思います。

効率の良い学習で、ITパスポート試験を合格したい方へ

口コミで人気!ITパスポート通信講座ならフォーサイト

『通信教育の専門校』として人気のフォーサイト。

すでに受講生数数は5万人を突破。
合格率もトップクラスの実績を誇っています。

テキストはフルカラー。

勉強の範囲を、試験対策の重要事項のみに集約して掲載。
これまでの半分以下のボリュームで、効率的に合格を目指すことができます。

フォーサイトのDVD講義に対するこだわりはダントツ!

通信教育の専門学校として、様々な研究を重ね、高い合格率を実現するDVD講義を実現しています。

受講料は、9800円(CDコース)から。

まずは、サンプル教材を手にとって、ITパスポートの世界を体験してみましょう。

フォーサイトの資料請求はこちら