ITパスポート試験なら

ITパスポート試験の出題傾向

ITパスポートは様々な分野から出題されます。
大きく分けると、「ストラテジ系(経営全般)」 「マネジメント系(IT管理)」 「テクノロジ系(IT技術)」 の3分野です。

 

実際に出題された問題を確認すると、ストラテジ系を中心に新出題(用語・論点)が多くなっています。

 

従来、情報処理技術者試験は、過去に出題されたものと同じ問題や、数字や選択肢を変えただけの類題が多数出題されるという特徴がありました。
攻略法として、過去問題を重点的に行うことが有効とされていました。

 

ですが、新出題の増加により、過去問題だけでは対応できなくなってきました。

 

新出題が多くなった理由のひとつは、ITパスポート試験が午前試験のみであり、過去問が多数を占めると試験の難易度が低くなりすぎるということでしょう。

 

旧制度の初級シスアドの午前は過去問題が多く、突破は容易でしたが、午後試験は難関でしっかりとした知識がない人は合格することができませんでした。
一方、ITパスポート試験は午前試験だけで合否を判定しなければならないので、受験者の知識及び応用力を計れるような試験問題が求められます。

 

新出題が多いのはITパスポート試験の特徴であり、今後も続くと思います。

効率の良い学習で、ITパスポート試験を合格したい方へ

資格の学校TAC

基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意!
受験者のレベルに合わせた複数のコースがあり、模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えているのが特徴です。

インターネットフォローシステム「i-support」が利用可能。
i-supportは、Web通信講座専用のサポート機能です。

講師室直通の質問電話質問専用メールも設置しています。
教材に関する質問はもちろん、勉強方法など学習上の相談もOK!

さらに、教室講座のある学校ならではの特典も!
  1. 受講期間中、講義を実施していない教室を自習室として無料開放しています。
  2. 予約不要なので、気軽に立ち寄れます♪

  3. スクーリング制度もあります。
  4. 通信講座受講生も、教室講座の講義に出席することができます。
    刺激の多い教室講義に出席することで、合格への意欲を高めることができますね。

情報処理技術者試験は、4つのレベルで構成されています。
レベル1のITパスポート試験とレベル2の基本情報処理は、問題の難易度は違いますが、出題内容はほぼ同じ。
1つの試験にとどまらず、さらなる挑戦をする方のために、お得な割引制度があります。

情報処理の資格をとってスキルUP。仕事幅も広がる!資格の学校TAC

資格の学校TACの<<資料請求はこちら>>