Q&A|ITパスポート試験対策

ITパスポート試験の免除制度はありますか?

ITパスポート試験の免除制度はありますか?

ITパスポート試験については、免除制度はありません。

 

初級シスアド(初級システムアドミニストレータ)は、午前・午後試験とで構成されていました。
情報処理推進機構(IPA)の認定を受けた講座を受講し、修了試験に合格することで、午前試験が免除となる制度がありましたが、ITパスポート試験は午前試験のみで免除制度はありません。

 

情報処理技術者試験の中で、高度試験と基本情報技術者試験は、免除制度があります。
(関連 情報処理技術者試験とは

 

基本情報技術者試験では、IPAに認定された講座を受講し、修了試験に合格する(修了認定の基準を満たす)ことにより、午前試験が免除されます。

 

高度試験では、午前T試験について、次の(1)〜(3)のいずれかを満たすことにより、その後2年間、受験が免除されます。
 (1)応用情報技術者試験に合格する。
 (2)いずれかの高度試験に合格する。
 (3)いずれかの高度試験の午前T試験で基準点以上の成績を得る。

 

参考

 情報処理推進機構(IPA)のサイト より

 試験の一部免除制度とはどのようなものですか?

効率の良い学習で、ITパスポート試験を合格したい方へ

口コミで人気!ITパスポート通信講座ならフォーサイト

『通信教育の専門校』として人気のフォーサイト。

すでに受講生数数は5万人を突破。
合格率もトップクラスの実績を誇っています。

テキストはフルカラー。

勉強の範囲を、試験対策の重要事項のみに集約して掲載。
これまでの半分以下のボリュームで、効率的に合格を目指すことができます。

フォーサイトのDVD講義に対するこだわりはダントツ!

通信教育の専門学校として、様々な研究を重ね、高い合格率を実現するDVD講義を実現しています。

受講料は、9800円(CDコース)から。

まずは、サンプル教材を手にとって、ITパスポートの世界を体験してみましょう。

フォーサイトの資料請求はこちら