ITパスポート試験 対策

ITパスポート試験を受けよう

キャッチコピー
パソコン操作

 

仕事でパソコンを使う上で、こんなお悩みはありませんか?

 

ワープロや表計算はできるけど、それだけでいいの?
インターネットに接続するけど、セキュリティは大丈夫?

 

今や、業種や職種を問わず、コンピューターは必須となっています。

 

ビジネス社会では、パソコン操作ができるのはもちろんのこと、
データをどのように利用し、業務へ活用していくかが、より重要視されています。

 

また、インターネットをはじめとするネットワークの運用により、セキュリティの問題や、
企業活動におけるコンプライアンス法令遵守)を向上させる知識が必要です。

 

これらの知識を測る試験が、ITパスポート試験です。

 

ITパスポート試験は、経済産業省認定国家試験である情報処理技術者試験の一つです。
独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター(IPA)が実施しています。

ITパスポート試験をお勧めする理由

ITパスポート試験は、平成21年春期に始まりました。

 

情報処理技術者試験のリニューアルに伴い、新制度のもとで設定された「スキルレベル1」に相当する試験が、ITパスポート試験です。

 

スキルレベルは「1〜4」まで設定されています。
「1」はビギナー向けであり、試験の難易度もあまり高くはありません

 

難易度は高くないですが、価値はあります。

 

情報処理技術者試験センター(IPA)のサイトに、ITパスポートの取得意義が記載されています。
http://www.jitec.ipa.go.jp/

国民一人ひとりが働く上でも生活する上でも、ITを正しく使いこなす術(すべ)や正確な知識を身につけてこそ、その効果が最大限発揮され、望ましいIT社会の実現に向かうと期待されます。
これからの社会では、全ての人に基礎的な素養として「IT力」が求められています。

 

社会に出て働く際に、「読み、書き、計算力、英語力」と同じように「IT力」が必要となるということです。

 

職場でも、取得を奨励されるケースが増えています。
新卒での就職活動転職を考えている人も、ITパスポート試験にてチャンスが広がることでしょう。

効率の良い学習で、ITパスポート試験を合格したい方へ

資格の学校TAC

基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意!
受験者のレベルに合わせた複数のコースがあり、模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えているのが特徴です。

インターネットフォローシステム「i-support」が利用可能。
i-supportは、Web通信講座専用のサポート機能です。

講師室直通の質問電話質問専用メールも設置しています。
教材に関する質問はもちろん、勉強方法など学習上の相談もOK!

さらに、教室講座のある学校ならではの特典も!
  1. 受講期間中、講義を実施していない教室を自習室として無料開放しています。
  2. 予約不要なので、気軽に立ち寄れます♪

  3. スクーリング制度もあります。
  4. 通信講座受講生も、教室講座の講義に出席することができます。
    刺激の多い教室講義に出席することで、合格への意欲を高めることができますね。

情報処理技術者試験は、4つのレベルで構成されています。
レベル1のITパスポート試験とレベル2の基本情報処理は、問題の難易度は違いますが、出題内容はほぼ同じ。
1つの試験にとどまらず、さらなる挑戦をする方のために、お得な割引制度があります。

情報処理の資格をとってスキルUP。仕事幅も広がる!資格の学校TAC

資格の学校TACの<<資料請求はこちら>>