情報処理技術者試験とは|ITパスポート試験対策

ITパスポート試験 情報処理技術者試験とは

情報処理技術者試験とは

情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」第6条に基づき、経済産業省が認定している国家試験です。
情報システムを構築・運用する「技術者」から、情報システムを利用する「エンドユーザ(利用者)」まで、ITに関係するすべての人が活用する試験として実施されています。

 

特定の製品やソフトウェアに関する試験ではなく、情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる技能について、総合的に評価しています。
情報処理技術者試験の試験事務は、独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター(IPA)が行なっています。

 

昭和44年、第一種情報処理技術者試験と第二種情報処理技術者試験の2区分でスタートしました。
昭和46年に特種情報処理技術者試験を追加し、
昭和61年には情報処理システムの監査を行う技術者を評価する情報処理システム監査技術者試験を、
昭和63年にはオンライン技術者を評価するオンライン情報処理技術者試験を追加してきました。
平成6年、平成12年に試験制度の見直しがあり、平成21年度から現在のようになりました。

 

平成21年度春期からの試験制度

効率の良い学習で、ITパスポート試験を合格したい方へ

口コミで人気!ITパスポート通信講座ならフォーサイト

『通信教育の専門校』として人気のフォーサイト。

すでに受講生数数は5万人を突破。
合格率もトップクラスの実績を誇っています。

テキストはフルカラー。

勉強の範囲を、試験対策の重要事項のみに集約して掲載。
これまでの半分以下のボリュームで、効率的に合格を目指すことができます。

フォーサイトのDVD講義に対するこだわりはダントツ!

通信教育の専門学校として、様々な研究を重ね、高い合格率を実現するDVD講義を実現しています。

受講料は、9800円(CDコース)から。

まずは、サンプル教材を手にとって、ITパスポートの世界を体験してみましょう。

フォーサイトの資料請求はこちら